おでこに吹き出物ができる原因と治し方

おでこは顔の中でも最も皮脂分泌量の多い部位の一つです。おでこの横のラインと鼻を合わせてTゾーンと呼ぶように、皮脂対策の最も重要な部位とされています。従ってニキビ・吹き出物対策においても最重要な部位となります。

 

おでこはその皮脂分泌量の多さから、特に思春期ではきちんと洗顔と保湿を行っていたとしてもニキビができてしまう事が多く、成人後でもやはり些細なことで吹き出物ができてしまいがちです。

 

特に心身への負担から皮脂分泌量が不安定になり、一時的に皮脂が多く分泌されたりすればすぐにおでこに吹き出物が出ることとなります。

 

皮脂分泌量は乾燥によって増大するため過剰に皮脂を取ることは逆効果ですが、取りすぎない程度にマメに皮脂を除去することが重要になってきます。そこで役立つのはあぶらとり紙です。

 

あぶらとり紙は手軽に皮脂量をコントロールできる優れた手段と言えます。皮脂吸着力が強いものが多いため使い方には注意を要しますが、明らかにおでこがべたつくと感じたときはあぶらとり紙をトントンと叩くように皮脂の量を減らすようにしましょう。

 

しっかり取ってしまうと皮脂不足を感じた肌が皮脂を大量に分泌し直すだけなのでポイントは適度な量に保つと言うことです。

 

もちろん、既にできた吹き出物に対しては抗菌作用のある塗り薬などを用いましょう。その上で皮脂コントロールを適切に行えれば、吹き出物を強力に抑制することができるでしょう。