吹き出物に効く薬

吹き出物がいざできてしまった場合、対応によっては跡が残ってしまうこともありますのでしっかりと対処しなければなりません。そしてその対処法も段階によって異なりますが、基本的には塗り薬を患部に小さく塗ることで対処することになります。

 

吹き出物は白いうちは単に皮脂が毛穴に詰まって閉塞しているだけのものですが、この皮脂の塊の中に雑菌が侵入し繁殖しだすと皮膚が炎症を起こし大変なことになります。

 

従って、吹き出物が白い初期の段階で侵攻を防ぐためにも、また赤い状態で速やかに鎮めるためにも殺菌作用のあるニキビ用塗り薬が有効です。

 

特に原因菌であるアクネ菌に対する殺菌作用を謳う塗り薬は確実な効果が見込めます。ニキビ・吹き出物の原因であるアクネ菌は皮膚常在菌であり、普段から皮膚にいるものですので、白い吹き出物の段階で殺菌作用のある塗り薬を塗るか、あるいは中の皮脂を抜くかしないといずれはアクネ菌が侵入・繁殖して赤い吹き出物へと進行することになります。

 

また詰まった皮脂が酸化することも吹き出物発生の大きなリスクですので、抗酸化物質を塗るのも吹き出物対策として効果が見込めます。

 

市販のニキビ・吹き出物用を謳う塗り薬はアクネ菌の殺菌作用・抗酸化物質の両方を有していますので、そういった市販薬を用いることで効果的に吹き出物対策を行うことができます。また炎症を抑えるために消炎剤やビタミンB群が含まれる内服薬を用いることもあります。