吹き出物をつぶすして膿を出す方が良い?

吹き出物を潰す・潰さないは意見が分かれがちなものですが、実際には吹き出物の種類によります。また顔に吹き出物の跡を残さないという観点で言っても一概に潰した方がいい・潰さない方がいいとは言えず、吹き出物の状態によって考える必要があります。

 

吹き出物は初期の段階では単に毛穴に皮脂が溜まっているだけの、白い突起状のものです。これが解消されずにいると一般的には盛り上がって脂が露出して酸化し黒くなり、皮膚が炎症を起こして赤くなり、ついには膿が溜まって黄色くなります。

 

炎症を起こしてしまうと色素沈着によるニキビの跡が発生する恐れがあるため、その前には治してしまいたいものです。とは言え、乱暴に潰せばそれによる跡が起こりうるのもまた当然のことです。

 

基本的に、吹き出物・ニキビともに白い状態ならば適切な手段で潰し皮脂を出すべきと言われます。皮脂を出しさえすればその中で雑菌が繁殖することを防げますので、吹き出物がそれ以上に進行することはありません。

 

適切な潰し方とは消毒した針などでニキビの山に穴を開けることで、ニキビ潰し用の穴開け器も安く売られていますのでそれを利用することが推奨されます。

 

一方で、炎症を起こすに至った吹き出物はもはや触るべきではありません。

 

炎症を発生した吹き出物は皮膚が過敏な状態にある上、穴を開けることでさらなる雑菌の侵入を許すことにも繋がるため、赤くなってしまった吹き出物は殺菌作用のあるニキビケア用品などを塗って跡が残らないよう祈るしかありません。ですから吹き出物は初期での対策が重要だと言えるのです。